企業の電気基本使用料はどうやって計算されるのか? « 皆でレッスンするから楽しい!東京のダンス・ヨガ教室体験

企業の電気基本使用料はどうやって計算されるのか?

電気の受給契約での料金体系は、高圧であっても低圧であっても基本的には似ていて、基本料金と従量料金の二つで構成されています。
基本料金は需給を受ける電気設備の容量に比例して金額が決定され、従量料金は使用した分に比例して料金が決定されます。
家庭であっても企業であってもこの構成は変わりませんが、家庭に比べて企業の方が設備容量が大きいため、契約規模も大きくなります。このため、基本料金だけで一般家庭の年額の料金の総和を超えるケースも少なくありません。
基本料金は設備容量によって決まるので、省エネ機器の導入によって容量が小さくなればなるほど電気代が削減されることになります。

高圧電力

コメントをどうぞ